童貞であることの誇りを持ちモチベーションを高める

童貞であることが恥ずかしい、いまだに大人になれない、女を知らない男なんてとてもまともではない、そんな気持ちになってしまうことがあるかもしれません。

確かに男であれば性欲があるし女を抱きたいという気持ちになるのは当然のことであり、それが自然です。セックスをしてみたいし、AVなどで見るあの快感の表情を得てみたいし、オナニーではなく、女の子にそれをしてもらう気持ち良さを味わってみたい、それはごく普通の感情です。

20代や30代でも童貞であるということはまだそうしたことを体験したことがないということになるわけですが、それは確かにこんなに気持ちの良い性交を味わっていないのでつらいものです。

とはいえ童貞でいるということは恥ずかしいことではないということをまず述べたいと思います。

それは貞潔さであり、美しさでもあります。好き勝手にいろいろな女を抱く男性は少なくありませんが、それが人生を楽しんでいるのかというとそういうわけではありませんし、童貞であるということは性行為感染症の危険が全くない安心できる体であるということでもあります。

女性からすると、相手が童貞が童貞ではないかということが問題なのではなく、遊び人のプレーボーイな男性と交際することでいろいろな女と比較されることが嫌ですし、もしあまり彼が満足できないようなエッチであれば、女としてがっかりするし不安になるものです。

でも童貞の男性であればそうした比較はないので、安心ですし、むしろ純粋でかわいがってくれるのではないでしょうか。それを考えると、童貞を保つことは、これからやがて訪れるであろう恋をした時に、相手を純粋に好きになり、そしてセックスを楽しめるのではないでしょうか。

そして性病などを持っていない、きれいな体であることは女性にとても喜ばれるに違いありません。もし焦ってとりあえず童貞を卒業したいということで、風俗にでも行くとすれば、それはこれからもし彼女ができた時に彼女から風俗に行くような男なのかという目で見られるかもしれませんし、風俗嬢と接して、女というのはこんなにも安っぽく自分を売るのか、という女性への見方があまり良いものではなくなってしまうかもしれません。

初体験を済ませていないというのは、恥ずかしいことではなく、むしろそれをメリットとみなして最愛の恋を探してみることです。

童貞ではなくなる夜というのはわりとあっけなく過ぎていくものであり、安易にそれを捨ててしまうことで自分の価値を下げるのはちょっともったいない気がします。

本当に愛する女性とだけ楽しむのがセックスであり、そこに喜びを見いだすことができますので焦らず待つことです。

童貞であることに誇りを持ち、それを卒業する時を競ったり、急いだりするのではなく、大切にしながら最高の時までモチベーションを高めていくのです。

女で失敗して悩む男性というのは、童貞である男性が羨ましいと感じる時さえあります。

出会い系は童貞卒業の切り札

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です